ホテルのようなバリアフリーのバスルーム 住まいの教室新聞|読売不動産

ホテルのようなバリアフリー。「住まいの教室新聞」は、これからのキッチン・バス・トイレ・リビングなどの大人向けリフォームについてお届けいたします

リフォームHOME

トイレバリアフリー

備えるリフォーム ― トイレ空間

トイレのリフォームを思い立ったら、これからの暮らしへの備えも視野に入れましょう。

 

まずは、出入り口の安全。扉は外開きだと車いすや介助者と一緒の歩行の妨げになるし、内開きは中で倒れたりした場合、外から開けにくくなります。引戸式が好ましいのですが、敷居のようにわずかな高低が床にあると、意識されにくいため、かえって、つまずきやすくなります。特に夜間は寝起きの時など危ないですね。リフォームにあわせて、レールが不要な上吊り型の引き戸に変えておくと安心です。

 

便器は、限られたスペースを有効に使えるコンパクトな「タンクレス」がお勧め。洗浄水をためるタンクがないタイプで、トイレ空間がすっきりします。この場合は、手洗器を便器の前方などに設けることになります。タンクから流れる水に手を伸ばすのは身体のバランスを取りにくいので、安全性が高まります。

 

便器の洗浄は、リモコンや自動式に。タンク横のレバー操作が不要で、身体のバランスが保てます。手すりは、ぜひ欲しいですね。また、便器の脇に低いカウンターやアームレストも付けると、姿勢が安定します。寒い朝や夜間など、温度の急激変化はつらいもの。室内暖房付きの便器もあります。

 

読売不動産はそれぞれの暮らしに寄り添いながら、皆様の住まいづくりをお手伝いします。

 

ご感想お問い合わせはコチラまで

メールを送る