リフォームHOME

もどる

家族のために/plan002

孫を迎えるスペースづくり
(マンション編)

住み慣れたマンションや団地での暮らし。
地域の人たちとの結びつきも深く、長年の繋がりこそ、
かけがえのない大切なものと考えている方が多いようです。
永く、そして快適に住み続けるためには、
暮らしに合わせリフォームすることが必要になります。
居心地の良さにこだわった住まいのリフォームについて、
ご提案します。

孫が遊びに来たとき、マンションで悩みがちなのが、寝る場所がないこと。
客用の布団をしまっておく場所がないという、収納の悩みもあります。

そこで、リビングをゲストルームとしても使えるよう、
リフォームをする方法をご紹介します。

左図のマンションの場合、和室の居間を
キッチン・ダイニングと一緒に、フローリングにリフォーム。
さらに襖の仕切りを、連続して動く上吊り型の4枚の引戸に替えます。
引戸をオープンにすれば、広々としたリビングルームになりますね。
引戸を閉めれば、ゲストルームにしつらえることができます。

さらに、押入れを改修。布団を出し入れしやすいよう、棚の仕切りを増やします。
ここでのポイントは、風通しを良くすること。
棚や壁面に「すのこ」を敷く、建具に風穴を設ける、防虫用に寒冷紗を施す―。
これで、布団のかび臭さが解消し、保管もしやすくなります。