リフォームHOME

もどる

エコの住まい/plan01

風が心地よく吹き抜ける
省エネで居心地のいい住まい

ともに60歳台前半の夫婦には、ある思いがあった。
「笑顔が集まり、風が薫り、緑が包んでくれる。
そんな、さわやかな家によみがえらせたい」
木造2階建ての一軒家。築40年になる。
1階は、暮らしの水まわり、茶の間と、
かつておばあちゃんが居た和室。
2階には、夫婦の部屋と、今は使われなくなった子供部屋がある。
子供たちは巣立ち、2人の暮らしが再び。
家はあちこち傷み、古びても見えるが、大切な物語が詰まっている。
2人が選んだのは、建て替えではなく、リフォームだった。

これは、読売不動産が提案するリフォーム設計の一例です。

家の中をさわやかな風が通り抜ける家になったのは、
中庭だけの効果ではない。「エアコンに頼りすぎない快適さ
というものがある」何かでそう聞いた記憶が妻にはあった。
「日本人は昔から、自然の風や光を住まいにうまく取り込んでいたんだよ」。
妻にうんちくを傾けたい欲が夫にはあった。

2人の発想を元に、読売不動産の設計士がこんなプランを考えた。
おばあちゃんが居た和室と納戸の間の廊下をなくすと、
和室が中庭と直につながるし、中庭も広くとれる。
キッチンと茶の間の間取りは取り払い、広い空間にしよう。
キッチンと納戸の間にあった壁をガラス戸のオープン式に変えれば、
新しい風の流れが生まれる――。
つまりは、住まいの全体を、中庭を中心にした一体感のある空間に
変えることだった。高気密・高断熱の住まいにするため、壁や床の断熱材を補強。窓はもちろん、断熱サッシだ。

大工事にはなったが、老朽化した柱や床、給排水設備などを
併せてリフォームした結果、以前より安全で快適な我が家になった。

「省エネというのは、電気やガスを節約するという意味だけではないんだ。 住宅リフォームで省エネすると、自然を身近に感じられる」 夫のうんちくに聞き入る様子でいながら、 妻は「この夏の電気代はどれだけ減るかしら」と、そろばんをはじいていた。