きれいが続く我が家のトイレ|私のリフォーム|読売不動産

リフォームHOME

Vol.14

空間を引き立てる技 壁紙で変わる

サンゲツ

すてきな家具が、よりすてきに見える。美しいインテリアは、より美しく。そんな引き立て役が、壁です。しっくい、土壁など塗り壁もありますが、今回は、一般的な壁紙を使ったリフォームをご紹介しましょう。

やはり、壁紙の選び方が気になりますね。誰が、どのぐらいの時間を過ごす空間なのか、それによって選ぶ基準が変わってきます。

リビングなど家族が長く過ごす場所には、ベーシックな色合いがいいでしょう。好みが分かれにくいですから。手入れのしやすさも、選ぶ際のポイントです。

個室などプライベートな空間は、とことん自分の「好き」を追求してみては。アクセントとして、壁面の一角に色や柄の華やかなものをちょっとした遊びで組み込むと、すてきな演出ができます。

寝室は、重厚感のある落ち着いたトーンのものを選ぶと、リラックスできる空間に。

また、リフォームでは一般的に、ある程度の厚みのある壁紙が適しています。

壁紙の張替え作業は、まず古い壁紙をはがしてから、下地処理をします。下地の表面を平らにするため、パテ掛けという作業を行うのですが、それでも不陸(下地の凹凸)が残ってしまう場合があります。そこに薄い壁紙を貼ってしまうと、不陸が浮き出て、仕上がりがきれいになりません。

また、壁紙は見本帳から選ぶことが多いのですが、サイズが小さいですから、実際に壁紙を貼ると、色の見え方(印象)が異なる場合があります。

ですから、大きめにカットされたサンプルを手にしながら選ぶと、実際の仕上がりをイメージしやすくなります。

とはいえ、壁紙の色や柄、デザインは様々。さらに、質感にこだわったもの、調湿や汚れ防止といった機能を重視したものなど、種類は多岐に渡ります。

その中から、お部屋にぴたり合う素材選びを読売不動産はお手伝いいたします。そして、職人技で、すてきに、きれいに施工します。

空間をそれぞれの夢で設計し、暮らし方まで変えそうな我が家に育ててみませんか。それが「私のリフォーム」だと考えます。

■参考価格 (税別・工事費別) (株)サンゲツの場合 RE-2401・2405 幅92cm×長さ1mあたり 1,000円/m ※サンゲツと読売不動産の専門スタッフが、住まいづくりをお手伝いいたします。また、カットサンプルや資料請求ができますので、読売不動産リフォーム担当者まで、お気軽にお問い合わせを。