ホテルのようなバリアフリーのバスルーム 住まいの教室新聞|読売不動産

ホテルのようなバリアフリー。「住まいの教室新聞」は、これからのキッチン・バス・トイレ・リビングなどの大人向けリフォームについてお届けいたします

リフォームHOME

キッチン収納

キッチンの収納

見慣れた台所を、じっくり見つめ直してみませんか。食材はレジ袋のまま床の上、食器棚は超満員で茶碗の出し入れが面倒で−−。

ともすると、モノがあふれたり、種類の異なる大小の食器棚やケース類が積み重なったりしがちです。

思い切って、現在の食器棚などを撤去し、新しく収納スペースを作るリフォームはいかがでしょう。限られた空間にムダのない収納が可能になります。これからの暮らしへの備えにもなりますから。

台所仕事は立ったままの時間が長く、ただでさえ、結構疲れます。加えて、収納の問題。頭より高い位置にあるモノは取り出しにくく、足や腕に負担がかかります。無理をすると、転倒の恐れさえ。

リフォーム計画を立てる際は、持っている食器や道具類の種類と量から計算して収納スペースを考えましょう。空いている棚があると、またモノが増えますよ。

ふだん使いの皿やコップなどは腰より低い位置に置くのが基本。棚を引き出しに変えると、収納量が増え、奥のモノを出し入れしやすいというメリットがあります。頭より高い位置には使用頻度の低いモノを。食品庫はたっぷり確保しておきます。

調理を「家事」から二つの「楽」に変えましょう。楽で、楽しくて。

読売不動産はそれぞれの暮らしに寄り添いながら、皆様の住まいづくりをお手伝いします。

 

ご感想お問い合わせはコチラまで

メールを送る